Money

【節約】格安SIMの低速モードはギガ消費ゼロ

月末になるとギガ不足に悩んでいませんか?

一部の格安SIMで採用されている『低速モード』で、データ消費を節約の方法を紹介します。

低速モードとは

一部の格安SIMでは高速通信モードと低速通信モードを自分の好きなタイミングで切り替えることが出来ます。

低速通信モードにして何かメリットあるのってなりますよね?

ずばり答えは通信速度が遅い代わりにデータ消費がゼロになるというメリットがあります。

月末にデータ容量が残ってない人は、速度が必要ない時は低速モードを活用すれば節約できますね。

低速モードが使えるSIMはこちら

mineo、UQmobile、、IIJmio、DMM、OCN等

低速通信モードの通信速度は各社異なりますが200〜300kpbsくらいです。

低速モードが使えるもの

データ容量は基本的に 動画 >画像 > 文字データ の順でデータサイズが小さくなります。


データサイズが小さいほど、低速通信モードでも使えることになります。

低速通信モードを実際に試してみましたので紹介します。

低速通信モードでも使えるサービス

  • LINE
  • Twitter
  • Amazon Music
  • Google play music
  • Radiko
  • ネットサーフィン(画像少なめのページ)

音楽系のサービスは少しコツがあって、最初の曲を再生するまでは高速モードで使うと途切れ途切れになりにくい印象があります。

再生開始したらすぐに低速モードに切り替えればほとんどデータ容量は使いません。

また、リストには入れていませんがGoogle mapも同じように工夫すれば使えました。案内開始まで高速通信、その後は低速通信でも気になりませんでした。

リルートもちゃんと出来ますよ。

逆に使えないと思ったサービスは以下になります

  • You Tube
  • Amazon Prime Video
  • Netflix
  • AbemaTV
  • Instagram
  • アプリのアップデート

主に動画や画像が大量にあるサービスは低速通信モードは適していないと思いました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

思ったより低速通信モードでも使えるサービスが多いと思いませんでしたか?

月末のギガ不足に悩まされている方は是非試してみてください。