Money

【格安SIM】mineoとUQmobileを比較!UQmobileへ乗り換えました

格安SIM比較

みなさんは格安SIMを使っていますか?

5年間お世話になったmineoからUQmobileに乗り換えました。

ここではmineoとUQmobile2社のメリット/デメリットにフォーカスを当てて紹介していきたいと思います。

格安SIMとは

格安SIMを知らない方のために格安SIMについて説明します。

格安SIM業者は自社で通信設備を持っていないことが多く、通信設備を持っているキャリア(au, docomo, softbank)から回線を借ります。


この回線を借りている業者は、基本的には設備メンテなどが不要のためキャリアより料金が安くなる傾向にあります。

この業者が発行するSIMカードを格安SIMと言います。


格安SIMのメリット

  • キャリアより料金が安い
  • 電波の繋がりやすさはキャリアと一緒


格安SIMのデメリット

  • 回線速度が遅い時がある(通信品質にバラツキ有り)
  • 相談できる店舗が少ない(SIMの設定を自分で行う必要がある)



デメリットをいかに解消できるかがポイントになってくると思います。

格安SIM業者を選ぶ時は料金が安く通信速度が早いところが人気のSIMになってきます。

イイところとダメなところ

mineo5年間使用して、UQmobileへ乗り換えて1ヶ月経ちました。
それぞれのイイところとダメなところが見えてきましたので比較しした。

イイところ

mineo

  • 500MBプランがある
  • フリータンク機能
  • 友達/家族とパケットシェアが出来る

mineoの特徴は他社にはない不足するギガの補充方法が充実しているところです。

補充方法の一つにフリータンクが有ります。


これはmineoユーザーがギガを自由に出し入れ出来る共有のタンクがあり、

月末にギガが無くなるとタンクから最大1GBまで引き出すことができます

僕はフリータンクにお世話になりっぱなしで3GBプランで実質4GB使っていました笑

UQmobile

  • 混雑する時間帯でも速度が早い
  • Wi 300のWifiスポットが無料で使える

UQmobileの特徴は、お昼時や夕方の混雑時の速度が早いことです。

この辺りはさすがauのサブキャリアと言われているだけあります。

僕はUQ mobileに乗り換えて2ヶ月目ですが、重すぎて全然繋がらないという状況になったことが無いです。

ダメなところ

mineo

  • 混雑時に繋がらない時がある

mineoも一般の格安SIMと同様に、用ユーザーが増えるてくると回線が混雑して繋がりにくい傾向にあります。


しかし、mineoの場合はトラフィック量をユーザに公開して設備増強(回線を太くする)の情報を配信しているので好感を持てました。

UQ mobile

  • データ容量の補充が有料チャージしか無い
  • 料金プランがわかりにくい
  • プランによっては2年毎の更新がある(更新月以外の解約は違約金が発生)

mineoのようなフリータンクは存在しません。
毎月のデータ容量を使い切ったら、容量の補充方法は有料のデータチャージしかありません。
料金は2パターンあって、100MBは200円、500MBは500円で購入出来ます。

料金プランも分かりづらかったです。
UQ mobileが一番おススメしているS/M/Lプランですが、契約初月〜14ヶ月間料金が安いですが、それ以降は+1000円アップします。

しかし、キャリアより安いのに変わりはありません。

格安スマホならUQ mobile

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は僕が実際に2社を使用した経験から記事にまとめてみました。

mineoのサービスやUQmobileの速度など自分の譲れないポイントは皆さんあると思います。

乗り換えする時にこの記事が参考になってくれたら嬉しいです。