Money

【節約】マネーフォワードMEでお金を見える化しよう!

みなさん節約のために何かしていますか?
何から手をつけて良いかわからない方は、まず最初に自分の支出を見える化しましょう。

支出が見えれば支出を節約するきっかけ作りが出来ます。
今日はラクに家計簿をつけられるマネーフォワードMEについて記事にしてみました。

マネーフォワードMEとは

マネーフォワードMEは基本無料で使える家計簿をラクに付けられるサービスです。

簡単に説明すると、レシート撮影での自動入力は当たり前で最大の特徴は各種サービスと連携して自動で家計簿を作ってくれます。

カテゴリ分類機能もあるので、自分が何にお金を使っているか一目で確認することができます。


連携サービス

  • 銀行口座(複数OK)
  • 株などの投資資産
  • クレジットカードや電子マネー
  • 通販サイト
  • ショッピングで貯またポイント類

対応金融機関:2613もあります。


クレジットカードや電子マネーを主に使用しているキャッシュレス派の人は、ほとんど勝手に家計簿をつけてくれてカテゴリ分類を自動でしてくれます。

マネーフォワードMEの始め方

アカウント作成

アカウント作成必要ですが、Google・Facebook・Yahooのアカウントが使えます。大抵の人はどれか持っていると思いますので簡単にアカウント作成できると思います。

MoneyFowardME

サービス連携

連携させるサービスを選択して登録していきます。

銀行口座、カード、電子マネー、証券、ポイント

支出を見たいだけでしたら、自分が使うサービスのみ連携すればOKです。僕の場合は、銀行口座(自動引き落とし)、カード・電子マネー(出費)を登録しました。

資産全体を管理したい方は、登録出来るものは登録すると毎月の資産がグラフで表示されるので利益が追えて便利です。

マネーフォワードMEで毎月の収支を把握

こんな感じでカテゴリで支出を見ることができます。
このグラフから交通費に結構お金をお掛けていることがわかります。

交通費の中の詳細を見てみましょう。

グラフからわかるように、3月だけ大幅に金額が大きいことがわかります。新幹線予約しているみたいなので旅行に行ったことがわかります。


支出を把握することは節約する上で最も重要な指標になります。
カテゴリから更に詳細に何に使っているかも見れます。

MoneyfowardMeへ

まとめ

いかがだったでしょうか。

僕は家計簿を今まで一回もつけたことがありませんが、このサービスを使用することでほぼ自動で会計簿を作ることが出来ました。

これから分析して節約出来るポイントを絞っていこうと思います。

この記事が、家計簿の時短の助けになってくれると嬉しいです。