Money

【手数料無料】住信SBIネット銀行をおススメする5つの理由

ATMからお金を下ろす時に、
タイミング悪く手数料が掛かってしまった経験ありませんか?

たかが数百円ですが、仮に月1回ペースでATM手数料を110円払っていた場合、
年間1320円くらい手数料が掛かってしまいます。
1320円あれば、おいしいランチが食べれてしますよね。

僕は、住信SBIネット銀行に変えてから5年ほど経ちますが、
引き出し手数料や振り込み手数料は1度も払っていません

今回は住信SBIネット銀行のおススメポイントを記事にしました。

https://www.netbk.co.jp/contents/account/

住信SBIネット銀行とは

三井住友信託銀行と証券会社のSBIホールディングスが共同で出資したネット専業の銀行です。

2020年5月時点で預金口座400万口座を突破し、
2020年の「16回日経金融機関ランキング調査」では顧客満足度評価の総合得点で第1位を獲得しています。

住信SBIネット銀行のおススメポイント5選

引き出し手数料無料だけでも十分魅力ですが、
その他にも様々なおススメポイントがあるので、
僕がいいなと思ったポイントを5つに絞って解説していきたいと思います。

  • ATMでの引き出し手数料が月2〜15回まで無料
  • 全国のコンビニやスーパーマーケットのATMで取引ができる
  • 他行への銀行宛振込手数料が月1〜15回まで無料
  • 1つの口座で複数の目的別の口座を作ることができる
  • 他行から自動入金が無料でできる



ATMでの引き出し手数料が月2〜15回まで無料

冒頭でもおススメ理由の一つに挙げていますが、ATMの引き出し手数料が無料です。
無条件で月2回も引き落とし手数料が無料になるので、
通常利用であれば困らないレベルだと思います。

2~15回はランクによって決まります、
例えば口座残高30万以上であればランク2となり引き出し回数が2→5回にUPします。

全国のコンビニやスーパーマーケットのATMで取引ができる

住信SBIネット銀行はネット銀行のため、店舗がありません。
ローソンやファミリーマート、セブンイレブン、イオン、ゆうちょ銀行のATMから取引ができるため身近な場所で取引することができます

身近な場所でお金が引き落とせて、手数料が無料なところが嬉しいですよね。

他行への銀行宛振込手数料が月1〜15回まで無料

通常、自分と振込先の銀行が異なると振り込み手数料がとられますが、
住信SBIネット銀行では他行への振込手数料が無条件で月1回無料になります。

ちなみに僕は、契約している月極駐車場料金を振り込み形式で支払いしていますが、
このおかげで1度も無駄な手数料を払わずに収めることができています。

1つの口座で複数の目的別の口座を作ることができる

1つの口座に、複数の口座を持たせることができます

例えば、マイホーム用資金、車購入資金、学資用資金などを作成して管理することによって、将来必要なお金をあらかじめ避けておいて、残りの残金を日々の生活費に当てるというような使い方ができます。

また、各目的口座に目標金額が設定できるので、
どれだけたまったかの達成率が一目でわかるのでお金を楽しく貯めることができます。

他行の口座から自動定額入金が無料でできる

他行からSBIネット銀行への自動定額入金が無料で行えます。

会社から給料口座を指定されているが、近くにATMがないため利便性が悪いという人に最適なサービスだと思います。

例えば、給料20万円を自動定額入金設定しておけば、
無料でSBIネット銀行に入金することが出来ます。

さらに、他行へ振り込みする時も、
回数制限がありますが手数料無料なのでお金を好きな口座に移動することもできます。

https://www.netbk.co.jp/contents/account/

まとめ

住信SBIネット銀行は、ネット銀行ならではの手数料無料サービスや、今回記事にしなかった金利面でもメンババンクよりおすすめです。

持っておいて損はない口座だと思います。

この記事は皆さんの参考になれば幸いです。