Gaddet

【おすすめ】スマホ置くだけ!ワイヤレス充電は便利

ワイヤレス充電はスマホを置くだけで充電できます

最近、充電器をワイヤレス充電器に変更しました。

『置くだけ充電』とも言われ、実際に使ってみると手軽すぎて一度経験すると元の充電器に戻ることが出来なくなりました。


今回は買う時のチェックポイントとおすすめの商品を紹介します。

ワイヤレス充電器のチェックポイント



ワイヤレス充電器を買う上でのチェックポイントは3つです。

・ワイヤレス充電の対応機種

・出力ワット数

・ワイヤレスの伝送距離

ワイヤレス充電の対応機種

当たり前ですが、スマホ側がワイヤレス充電に対応している必要があります。

ワイヤレス充電に対応している主な機種は以下です。

iPhone 8 / 8 Plus / X / XS / XS Max /XR
Galaxy S9 / S9+ / S8 / S8+ などのQi企画対応機種


スマホが対応していない場合でも、下記のようなアイテムでワイヤレス充電に対応することも出来ます。

出力ワット数

出力ワット数は充電スピードに関係します。

通常の充電規格(Qi)は5Wですが、一部の機種では急速充電の7.5W、10Wに対応しています。

※7.5W / 10Wの急速充電するには、USB充電器がQuick Charge 3.0に対応している必要があります。

ワイヤレスの伝送距離

ワイヤレス充電はスマホを置くだけと言われていますが、電力の伝送距離を見落としがちです。


スマホにケースを付けてる方は、必ずケースの厚さが伝送距離以内か確認しましょう。

伝送距離が5mmくらい有ればほとんどのケースで使えます。


ちなみに、金属製のケースやスマホリングを付けているとワイヤレス充電は出来ません。

おすすめ商品

【USB充電器セット】Anker PowerWave 7.5 Stand

モバイルバッテリーで有名なAnker製になります。
横置きで立てかけられるので、充電しながらYoutube見たり出来るのでオススメです。

高速充電出来るQuick Chage 3.0充電器があれば
最新のiphoneシリーズは最大7.5W、Galaxyシリーズは10Wに対応しています。

まだQuick Chage 3.0充器を持っていない方は、対応充電器とワイヤレス充電器のセット品もあります。

出力ワット:5W / 7.5W / 10W
伝送距離:5mm

まとめ

今回は、ワイヤレス充電を買う時の注意点を書いてみました。


基本知識があれば、たくさんある商品から良いワイヤレス充電器を選べることが出来るようになると思います。